私たちの活動について
一般社団法人 西宮青年会議所

副理事長所信 吉井 竜二

 新型コロナウイルス感染症の流行はこれまでの私達の生活スタイルや様式を大きく変え、我々は新たな価値観で日々活動していかなければなりません。普段の仕事だけでなく、西宮青年会議所の活動についても新たなスタイルが求められています。社会はこの未曾有のピンチに狼狽し、ネガティブなニュースがメディアで日々報じられています。我々が新しい交流の方法をつくり、先進的なコミュニケーションを社会に提示する必要があります。

 本年度担当させていただく交流委員会は組織の連帯感や安心感のある帰属意識を醸成することが担いであり、それは西宮青年会議所にとって重要な役割です。今年度の交流委員会では会員の相互理解を深めるために、進歩的な交流の場を提供することで、在籍年数の短い会員と長い会員の間にある多様な価値観や個性の把握や理解ができる環境を作ります。従来型のオフラインでの交流と、これから求められるオンラインでの交流をバランス良く織り交ぜ、今後の方向性のひとつとなるような交流の手法を委員長、常任理事と力を合わせ構築します。また、会員の家族にとって、より一層青年会議所活動が理解していただけるように、家族や周囲の人を意識した交流活動を提供することで、我々が積極的に活動するための原動力を増長させます。「会員間の相互理解」「家族や周りの人からの理解」各会員にこの2つの力を提供し、西宮青年会議所の絆をより強固なものへと進化させます。

 交流活動とは友情であり、愛であり、青年会議所の根幹です。「またこの人と会いたい」そんな事を会員同士が思い合える、関わる人が思ってくれる西宮青年会議所の風土を醸成します。美しい友情と美しい愛が生き生きと調和した魅力的な青年会議所を創ります。そのとき我々の活動は理解されるだけでなく、市民にとって憧れられる存在になります。魅力ある若者である私たちが未来を創る自負と自覚を持って、新たな一歩を踏み出します。