私たちの活動について
一般社団法人 西宮青年会議所

常任理事所信 吉井 竜二

西宮青年会議所は創設以来、地域のリーダーを排出する団体として研鑽を続けてきました。その歴史も70年の年輪を重ね、我々は先輩方から事業の価値や存在意義について多くのことを受け継いできました。70年の歴史をもつ団体はそう多くはありません。連綿と続く歴史を力に私達はさらなるリーダーシップを発揮すべきだと考えます。少子高齢化、ICT化が進む社会においては、歴史を紡ぐ力と共に先を見据える力が必要となります。

 本年度、担当させていただく拡大育成委員会及び研修委員会では、組織の力を底上げする拡大活動、そしてその力を増幅させる育成、研修活動が担いであり、重要な役割であります。今年度の拡大育成委員会は従来の活動と共に、女性の活躍を促進できる場を提供します。そして、研修委員会では未来への課題を解決するための自身のあり方を確立するための学びを提供します。そのために、常任理事として両委員会が力を発揮できるよう活動していきます。拡大活動については、全員拡大を定着させるべく、執行部及び各委員長への拡大意識の喚起を積極的に説いていきます。拡大育成委員会に一極集中しがちな負担を改善し、公平且つ平等な全員拡大のシステムの構築に尽力します。研修活動については、一人の個人としての成長だけでなく、組織の一員だからこそ成し遂げられる事の意義や意味を考え、思慮する機会を提供できるよう、委員長と力を合わせプログラムを構築します。

 拡大活動、育成研修活動は青年会議所の根幹です。拡大については青年会議所全会員が主体性をもって取り組む姿が理想であり、そこを目指します。育成研修については会員だけでなく、外部の人が見ても魅力的なJAYCEEとなれる土壌を形成します。我々が自信を持って率先して活動することにより、周囲やまちと実効性のある連携のなかで継続的な地域創生が推進され、先を見抜く見識を広げ、多様な人たちと新しい価値を共創します。 て参ります。多くの価値観を受け入れ、共創することにより、大きな変化にも柔軟に対応することができるようになります。また、我々より若い世代とともに運動することにより、将来世代の育成だけでなく、我々自身の未来志向が高まります。世界や社会の変化が激しく先行きの見えにくい時代だからこそ先を見抜く見識を広げ、多様な人たちと新しい価値を共創します。