私たちの活動について
一般社団法人 西宮青年会議所

副理事長 所信 山上 吉法

 ⻄宮⻘年会議所は設立70周年を迎えます。この記念すべき年を迎えることができたのは「明るい豊かな社会」を創るために先人たちが運動を展開し続けてきたからです。近年拡大活動は成功していますが、歴の浅い会員の人数比率の高さや理事会の若年化は、理想の活動を阻害する課題として継続しています。時代の大きな変化に対応していく必要があり、会員一丸となり次なる一歩を大きく踏み出すべく、持続可能な仕組み作りが必要です。

 担当する両委員会で継続職務に加え、新たな取り組みにチャレンジします。まず青少年委員会では、青少年を取り巻く環境に変化の波が押し寄せている中で、インターンシップ制度の構築と運用をスタートさせることで波及効果の高い事業を実施し、より多くの青少年と関わる場をつくることで、青年会議所メンバーが世代を超えた価値観に触れ、青年会議所メンバーと青少年の双方の意識変革が起こり、課題解決に自律的に取り組んでいけるリーダーが育成されます。そして交流委員会では、会員一丸となるために100名を超える会員が内部で垣根を作らない環境づくりを行う必要がある中で、特に新会員を中心とした会員全体の交流の仕組みを構築することで、メンバーがさらに能動的に活動し、新しい価値が創られます。さらに、青年会議所活動の視野を広げるために、前年度からの外部団体との交流の仕組みを昇華させることで、地域社会を広く捉えた活動が展開されます。

単年度制を限定的に捉えず、連綿と引き継がれた歴史に新たなチャレンジを加えることで、理想への組織づくりが加速します。会員同士の交流や、人数比率の改善が進み、切磋琢磨する環境において理事会も成熟していきます。青少年との関りの仕組化、各種団体との共創により、多くの市民に運動が伝播します。一方的な運動発信ではなく、地域と協働しともに学びを得ることで、先を見抜く見識を広げ、多様な人たちと新しい価値を共創します。