私たちの活動について
一般社団法人 西宮青年会議所

常任理事所信 中原 陽介

 新たなスタートを迎える71年目、昨今のコロナウイルス感染症により状況や常識は一変しました。近年約100名を維持していた会員数も約90名に減少してしまい、今一度組織が一丸となり進歩していくには、全体の拡大と育成に対する意識改革を行い、組織を確固たるものにしていかなければなりません。未来へと繋げていく中長期の活動を行い、アクティブな組織運営や市民の皆様への理解を得る持続可能な計画と仕組みづくりが必要です。

 今年度担当する、両委員会では中長期での活動計画を創る事により、未来へ繋ぐ組織づくりが可能となります。拡大育成委員会では、75周年に向けて中長期な拡大を行うために、意気込みに任せた人数設定ではなく、組織の理想像から逆算による会員数を導き出すことにより、全体拡大を行いやすい仕組みづくりをします。さらに、次世代を担う会員を育成するために、交流会や事業へ参加を強く推進することにより、アクティブな活動を行える会員を増やします。広報委員会では、未来の組織運営が円滑に行えるために、対内広報を強化することにより、組織の活動や会員個々の魅力を共有して、広範囲の拡散を行える仕組みづくりと地域情報の連携を行い中長期の対外広報の基盤をつくります。そして、既存会員が現在の課題を認識し、今後の活動の必要性を理解するための例会を開催することで、会員の意識向上とまちへのさらなる貢献を果たします。

 明るく豊かな社会の実現を目指し、先人たちが熱い情熱で取り組んだ気概を受け継ぎながら、未来へ向けた新たなる進歩を求めて、現在の課題に目を向けた中長期の活動を強固な組織全体で一丸となり行います。そして、組織の理想を明確にした拡大と会員が自信をもって拡散を行う大きな輪でつながる広報を実現させて、海外にまで目を向けた多種多様な人々と、私たちが未来を創る自負と自覚を持って、新たな一歩を踏み出します。