私たちの活動について
一般社団法人 西宮青年会議所

副理事長所信 峯松 永典

 近年、合計特殊出生率の低下や少子高齢化に伴い日本の人口構造・産業構造は大きく変化しています。行政や各種団体は人口減少に伴う経済基盤の縮小に対応すべく、海外市場の需要を取り込む様々な施策を打ち出していますが、国境を越えた貿易・投資については未だ国際的に高い水準にあるとはいえません。地域コミュニティーの面でも、まちづくりの担い手の高齢化が進んできており後継者不足に悩まされている団体も少なくありません。

 国際委員会においては、グローバル化の進んだ世界に一歩踏み出す足掛かりとするため、世界が抱える課題について理解を深め楽しみながら海外の多様な価値観に触れることができる国際交流を実践することで、自然な形で国際交流を持続できる土壌が形成されます。幸い、西宮青年会議所は国際姉妹JCとの交流をはじめ、様々な国際交流の機会が用意されています。その機会を最大限活用することで、メンバーに国際的な課題への関心を持たせ、LOM全体の国際力を高めてまいります。まちづくり委員会においては、メンバーだけでなく、より多くの市民にまちづくり活動への関心・興味を持ってもらうため、市民も主体的に関わる事業を構築することで、まちづくり活動が市民から自然発生的に広がっていく社会が実現されます。より多くの市民と深くかかわり、多様な意見に接することにより活動の内容は磨かれ、また、青年会議所運動の賛同者の輪が広がることを目指します。

 国際交流や市民とのまちづくり活動を通じ、多様な価値観に触れ、良いものを積極的に吸収することでメンバー自身の成長につなげ、また、新しい価値を創造してまいります。市民に対しても、まちづくり活動の意義と目的を共有することで、西宮青年会議所と市民との強固な連携を構築し、西宮全体にまちづくり活動を広げてまいります。多様な価値観との触れ合いを通じて、先を見抜く見識を広げ、多様な人たちと新しい価値を共創します。