私たちの活動について
一般社団法人 西宮青年会議所

副理事長所信 岩本 昂久

 新型コロナウィルス感染症によるパンデミックは全世界に未曾有の被害をもたらし、我が国でもこれまで常識として捉えられていた生活様式や働き方に変革をもたらす契機となりました。青年会議所運動においても、これまでの常識や慣例に捉われ過ぎずに、急速に多様化する情勢を見極め、新たな時代に対応し続ける持続可能で強靭な組織運営と会員一人ひとりが志高く、率先して運動を推進する意識を向上していくことが求められています。

 まちづくり委員会ではまち、市民と共助の関係を構築するために、会員がまちや市民とともに手を取り合い、まちの魅力の認知や課題解決を考える例会を実施することで、市民との共助の関係構築の必要性の認識が向上します。また、これまで以上に地域から求められる組織となるために、西宮の更なる魅力を発信する事業を開催することで、市民がまちの魅力に誇りを持ち、運動への賛同者の輪が広まります。そして、研修委員会では、会員が活動を経て、社業へ活用できる能力を会得するために、青年会議所ならではの課題分析力、解決力、組織マネジメント、変化への対応に着目し、昇華させ、気づきを得られる研修を実施することで、地域のリーダー育成の組織風土が常態化します。さらに、研修を通して将来に渡り、継続的な自己成長意識を高めるために、委員会が率先して修得した経験
や知識を会員に共有することで、組織の魅力が対外に伝わり、新会員の拡大に繋がります。

 自己成長を遂げた会員は成長を社業に活かし、青年会議所運動を率先して推進していくことで市民と社会課題へ立ち向かう共助の関係が生まれます。西宮の魅力が更に高まり、課題解決に強い西宮の実現に向けて市民と歩み出します。刻々と変化する時代や社会に迅速に対応し、新たな世代が享受する明るい豊かな西宮を築いていきます。不屈の精神を持ったリーダーである私たちが未来を創る自負と自覚を持って、新たな一歩を踏み出します。