私たちの活動について
一般社団法人 西宮青年会議所

副理事長所信 岩本 昂久

 我が国は、世界の国々と同様に変化と適応の期に際しています。新型コロナウイルス感染症がもたらした人類への影響は、制限のある生活様式、国々の経済損失、医療における様々な問題、人々の心の荒廃等、新たな社会課題を創出しました。課題解決のため、諸問題を正しく理解し、様々な問題に適応し、持続可能な社会へと歩み出す転換期とするために、青年会議所が率先して市民に変革を促す運動を展開していく旗手の組織となる必要があります。

 まずは、市民に青年会議所の有益性を認識してもらうために、魅力ある広報コンテンツを迅速な情報発信と適材適所で提供することで、運動への共感と組織へ参画する意識が広がります。また、我々の運動をより高みへと押し上げる同志を得る賛助会員制度を改めて見つめ直し、促進させるために、参画していただいた賛助会員と双方向性の広報により、認知度、CSRを向上させることで、将来に渡り、相互利益を保ち、持続可能でより大きな運動を展開し続ける制度基盤が築かれます。そして、魅力ある組織とするために、個々の会員との隔たりない伝達により、歴史や経験を共有することで、組織への情愛を高めた魅力あるリーダーを生み出し、会員同士が尊重し合う組織運営を展開する風土が醸成されます。さらに、急速な社会情勢の変化に適応していく強靭な組織となるために、経験や情報網を活用することで、個々の会員が主体的に運動を展開する意識が高まります。

 魅力ある運動の周知ために、効果的で戦略的な広報を実践し、多くの同志から共感を得ることで、未来に渡り、より大きな運動を展開するための契機となります。また、会員が広報の重要性を認識し、主体的に広報を運動に組み込むことで、時代に即した広報と組織のブランディングを確立します。社会の変化に先駆けて適応し、地域で率先して力強く運動を推進し、強靭な組織となった私たちは美学と魅力をもって、新たな時代を創造します。