私たちの活動について
一般社団法人 西宮青年会議所

常任理事所信 長谷川 哲

 新型コロナウイルス感染症により人との接し方に変更を迫られ、交流や会員拡大に様々な方法が用いられてきました。その中で、実態のある交流の大切さを再認識しました。また、私たちが描く未来には、一丸となった組織や全員拡大と育成に対する意識改革が必要です。未来へとつなげていく長期的視野に立った拡大活動と、互いの想いに共感尊重できる機会の創出、市民に美学と魅力を伝えられる持続可能な組織づくりが求められています。

 担当する拡大育成委員会では、中長期的な拡大を実現するために、意気込みをもった拡大だけでなく、明るい豊かな社会の実現に向けた理念を共有し、その実現に必要な拡大の意義を浸透させることで、会員があらゆる場面で話題に取り上げ、市民に共感の和が広がります。さらに、育成研究室等と連携し、次世代を担う会員との交流会や事業への参加を強く推進することにより、アクティブな活動を行える会員が増加します。交流委員会では、もう一度原点に戻り、円滑な組織運営の一助となるために、人と触れ合うことで得れる美徳、個性、刺激を相互に理解できる機会を設けることで、活動や会員個々の魅力が共有でき、帰属意識の醸成が行われ、年次が浅い方の退会数が減少し、同じ方向を見ながらの活動が可能となります。そして、既存会員が西宮青年会議所の今後の活動の必要性を理解するための例会を開催することで、会員の意識向上とまちへのさらなる貢献を果たします。

 明るい豊かな社会の実現を目指し切磋琢磨した既存会員と新たに仲間になった会員間で、理念が共有され、より強固な組織になります。全体で一丸となった会員は多種多様な個性と組織の理想を混合したJayceeとなり、人との交流の中で美学を掴み、人に伝えるようになります。そして、自ら愉しみを見出した会員は、また会いたいと思われる魅力を持った個人が集う集団となり、私たちは美学と魅力をもって、新たな時代を創造します。