私たちの活動について
一般社団法人 西宮青年会議所

常任理事所信 朝野 亘

 新型コロナウィルス感染症の蔓延で、西宮青年会議所の活動も例外なく地域との交流が制限され、従来の様式から大きく変化しました。地域の人々が以前のようにつながり合える時代が来ることを待つだけでは、運動の理念を市民へ伝える機会がさらに失われていきます。明るい豊かな社会を目指す組織として、逆境の中でも、私たちの活動を積極的にプロモーションし、その魅力に賛同する人々が自然と集う団体にする必要があります。

 まずは、多くの市民に青年会議所の運動を認知してもらうため、様々な情報を発信し、市民から興味を抱いてもらうことで、青年会議所の認知度と信頼性の向上につながります。そして、西宮青年会議所を広く周知してもらうため、会員が運動に向き合う姿勢や市民が興味を抱く魅力を発信することで、市民と共に取り組むまちづくりの気運が高まり団体の認知度が向上し、組織のまちからの必要性が高まります。さらに、我々が運動の魅力を認識し、時代に即した効果的な発信ツールを活用し、発信していくことで、西宮青年会議所のブランディングが形成され、より多くの市民から必要とされる組織へ成長します。また、賛助会員を増進していくために、パートナーシップ推進室と連携して、西宮青年会議所と賛助会員双方にとって魅力ある美しい関係性にしていき、会員一人ひとりが輝き、好影響を与えるリーダーとなり、共に成長し、応援し合える新しい仲間を増やしていきます。

 人財の魅力と運動が効果的にまちの人々に伝わり西宮の魅力も他地域へ伝播され団体の期待と信頼が向上した結果、JCⅠ西宮ブランドが構築され自然と人が集い地域から必要とされる存在になります。広報の効果が最大限に高まるとともに、西宮青年会議所の認知度が向上され、地域とのより良い密な協力関係を築くことで、地域と共に未来へ進むことができ、「優美高妙」の心を胸に宿し、私たちは美学と魅力をもって、新たな時代を創造します。