一般社団法人 西宮青年会議所

まちづくり委員会 委員長 松本 俊輔

まちづくり委員会委員長 松本 俊輔

【2017年度事業概要】

 

1.5月度例会の開催

・テーマ:持続可能な社会の創造~人と人をつなげるしくみ~

  • 開催日時:2017年5月16日(火曜日)
  • 開催場所:ノボテル甲子園
  • 講  師:山崎亮様(studio-L)

主  旨:地域活動に関わる人が減少している現在の西宮で、より多くの市民が自発的に地域活動に関わり、地域の人と人とをつなげるリーダーとして積極的に活動を行う意識へと変革することを目的として開催致しました。講師に山崎亮氏をお招きし、コミュニティデザインを通じて人のつながりとまちづくりを再度、市民団体の方も一緒になって考えていただきました。メンバーとしても、山崎氏から「楽しさ」が人をつなげ、自らが楽しむことが地域活動の根本であること等多くの学びを頂きました。

 

2.まちづくり事業の開催

・テーマ:船坂竹灯篭

  • 開催日時:2017年10月14日(土曜日)
  • 開催場所:西宮市立船坂里山学校及び西宮市山口町船坂内棚田

主  旨:西宮というまちを持続可能なまちとするために、地域を思う市民を育成し、その輪を広げていくため、5月度例会で学んだことを活かし、楽しさにより地域の人と人をつなげ、地域活動の活性化を促すリーダーとしての意識へと変革することを目的として開催いたしました。地域活動に関わる人が確実に減少しつつある西宮北部の船坂地域を舞台に、放置される傾向にある竹という素材を使用し、伐採から竹灯籠や竹ピタゴラドミノ(野出正和氏監修)等を製作致しました。当日参加していただいた市民の方には船坂地域が抱える問題を知っていただくことができたものの、地域活動に地元住民を巻き込むこと、地域活動を楽しさに変えること、そして自らが地域活動を楽しむこと等、全て達成することは難しい面もあり、地域活性化の大変さを学んだ事業でありました。 

 

3.日本JCとの連携等に関する業務(公開討論会、憲法タウンミーティング、署名活動等)

  • 開催日時:2017年10月5日(木曜日)
  • 開催場所:芦屋市民会館大ホール(ルナ・ホール)

主  旨:衆院選第七区立候補予定者の政策を有権者に知ってもらい、投票の判断材料にしてもらうために芦屋青年会議所(主幹)と共催にて公開討論会を致しました。自民前職の山田賢司氏、共産新人の上田幸子氏、維新元職の三木圭恵氏、希望元職の畠中光成氏が参加されました。経済、教育、安全保障、憲法のテーマで主張を戦わせ、多くの市民の方にご来場いただきました。

 

 

4.にしのみや市民祭り実行委員会への対応

  • 開催日時:2017年10月28日(土曜日)
  • 開催場所:市民会館4階(401会議室)

主  旨:音楽を通じて「豊かな心」を育んでいる市民の方に光をあて、普段の練習の成果を発表できる場を提供 することで、今後の活動が益々活発になるように貢献することを目的として市民ライブを開催致しました。お客さんの動員は出演者によってばらつきがあったものの、雨天の中ほぼ満員になることもあり大盛況でありました。また今年度初めて出演者のPR動画を流したことで、当日チラシ以外で対外にPRすることができました。

 

 

5.西宮をPRする会への対応

  • 開催日時:2017年3月19日~30日、8月7日~22日
  • 開催場所:阪神甲子園球場

主  旨:西宮市民の郷土愛を育むために活動している団体である「西宮をPRする会」様と共に、春と夏の高校野球の開催期間中、全国から熱い情熱と希望を持って「特別な甲子園」に集まってくるチームや多くの応援の方々、ファンの方々に対しシャッターサービスを行いました。また毎年行っている夏の高校野球の開会式にライトスタンドで人文字を行う事業は、今年度は雨天のため残念ながら中止となりました。しかしシャッターサービスでは、メンバーも地元市民として歓迎し、大会の盛り上がりに協力する事で、あらためて「特別な甲子園」を市民自信が再認識でき、また、その活動が全国の方々へ「西宮」を好意的に感じて頂けたのではないかと感じました。

 

【一年間を振り返って】

まちづくり委員会を通じてたくさんの貴重な出会いがあったこと、がこの1年間の多くの学びでした。
5月度例会での山崎亮先生に出会ったことで、西宮で地域活動をされている方々、またコミュニティデザインの勉強のために訪れた家島の方々との出会うことができ、まちづくり事業では船坂住民の方々、ピタゴラ装置の野出正和先生にも出会えました。そして何よりも委員会メンバーや上役と一緒にまちづくり事業を頑張れたことは最高の思い出と出会いでした。色々な方に大変なご迷惑をおかけしましたが、次年度以降もすばらしい出会いができるよう、積極的に青年会議所活動に邁進して参ります。

 

活動報告

  • 委  員  会   19  回開催
  • スタッフ会議   14  回開催