一般社団法人 西宮青年会議所

京都会議報告2

京都会議2日目

京都会議、我々一般参加メンバーのスケジュールが最も詰まる2日目。

まず、昼は各種フォーラム・セミナー。日本青年会議所、各委員会の年間の活動の方向性を共有するだけではなく、「明るい豊かな社会」の実現に各地で取り組む青年会議所の活動に、最新の情報や考え方、動向などを提供する場となっており、青年会議所メンバーでどの会場も満席になります。

今年度もどの会場も人人人。

 

メンバーも真剣です。

LOMナイト

翌日早朝に開催される新年式典出席の為、宿泊の青年会議所メンバーが多く、夜の京都が青年会議所会員で溢れる日。そんな日なので、出向のメンバーは各地の青年会議所への挨拶回りなどに忙しく動き回ります。そんな出向メンバーを応援する為、西宮青年会議所でも挨拶回りに出かける出向者を紹介したり、挨拶回りから帰ってきたメンバーを迎えるLOMナイトを毎年開催しております。

姉妹青年会議所

そして、このLOMナイトは、ここ数年姉妹青年会議所と合同開催となっております。

1月17日、西宮は阪神淡路大震災発災から23年目を迎えます。私たち、青年会議所のメンバーの多くが小・中・高校生だった忘れられない日。実は当時、地震発生の翌日には全国から青年会議所の会員が西宮に入り、炊き出しや衣料品の配布などボランティア活…

Posted by 一般社団法人西宮青年会議所 on Sunday, January 14, 2018

こちらの投稿でもご紹介させていただいたのですが、西宮は1995年の阪神・淡路大震災発生当時、全国の青年会議所から多大なご支援をいただきました。2011年、東日本大震災により、一般社団法人浪江青年会議所、南双葉青年会議所の活動エリアは原発事故により避難エリアとなり、その活動の継続が危惧される状況となりました。

2012年、一般社団法人西宮青年会議所は一般社団法人浪江青年会議所、南双葉青年会議所と姉妹締結しました。阪神・淡路大震災発生当時のご厚志に報いるため、継続してその存続や活動を支援させていただきたい、その想いは姉妹締結当時と変わらず今もメンバーの中に受け継がれています。また、遠隔の都市との姉妹締結は有事の災害復旧支援という意味でも非常に意味のあるものです。

その変わらぬ友情を育む場として京都会議のLOMナイトは合同での開催となっているのです。

脱線しましたが、、

今年度は出向者が多い!各出向メンバー、忙しく挨拶回りに出かけて行かれました!

新会員も京都会議まで来てくれました!遠隔地での懇親会はまた違った雰囲気となりますし、よく知らないメンバーと知り合うチャンスです!

ブロックナイト

兵庫ブロックナイトも開催されました!ところで、近畿の各ブロック内では兵庫だけが京都会議でブロックナイトを開催しているそうです!

 

京都会議の夜は長い、、、LOMナイトも二次会まで開催されましたよ!