[9/23~9/24]青少年事業「秋の収穫キャンプ!~「食」を通じて社会の仕組みを学ぼう〜」が開催されました

9月23日から24日にかけて青少年事業「秋の収穫キャンプ!~『食』を通じて社会の仕組みを学ぼう~」が開催されました。

本事業は西宮市の小学4~6年生を対象に食の大切を学ぶと共に日ごろ当たり前のように便利に暮らしている日常が多くの人々が支えているかを学ぶことを目的として開催されました。

開会式

まずはじめに西宮市役所前で開会式が取り行われました。北本理事長のご挨拶とともに青少年委員会から注意事項が説明され、バスにて三田市の農園に向けて出発しました。

農業体験

三田市内の農園に到着し、レタスの種植えやオクラの収穫を学び、いよいよお米の収穫を行いました!!

三田アウトビレッジTEMILにてカレー作りとテント設営

農園で食材の大切さ、収穫の大変さを経験して夕食と就寝の場所である三田アウトビレッジTEMILに移動しました。入所式を行い、各班ごとに分かれテント設営を行い、夕食のカレー作りに取り組みました。就寝前に一日の振り返りを翌日に予定されているグループワークに向けて行いました。

2日目

2日目は朝食に牛乳パックを使って作るホットドッグと昼食には三田の新米を使ったおにぎりを作り、取れたての野菜を丸かじりにしていただき、退所式を経て西宮での最後のグループワークに向けて出発しました。

グループワーク ~社会の仕組みツリーを作ろう~

2日間に渡って開催された本事業ですが、いよいよ最後のグループワークです。食を通じて社会の仕組みを学んできましたが、その体験もとに子供たちの発想力から模造紙にツリーを各班で制作しました。
各班それぞれ色使いや発想に個性が出ていてバリエーション豊かなツリーが完成いたしました!!
今回の事業を経て子供たちの真剣に取り組む姿勢から我々青年会議所メンバーも大きな気づきをえることができました。来年度も西宮の青少年とともに成長できる事業を開催できますよう日々の活動していきます!!

社会の仕組みツリー

1班:食べ物の仕組の木

2班:命のしくみツリー

3班:風立の木

4班:カレーからツリー

5班:5班(ごはん)の木

6班:カレー関連ツリー

7班:友情の木

8班:友達の木