「5/28」第5回わんぱく相撲西宮大会が開催されました

第5回わんぱく相撲西宮大会が西宮市立今津小学校にて開催されました。第63代西宮青年会議所理事長の大迫歴代が会長を務められます、わんぱく相撲西宮大会実行委員会が主催、西宮青年会議所・NPO法人西宮てらこやが共催の本事業、今年で5回目となります。

相撲は日本の国技であり古来より神事としての行われてきた歴史があります。

『心・技・体』を兼ね備えなければならないと言われており、ただ強いだけでは評価されないスポーツでもあります。

子供達には本大会を通じて、相手を慮(おもんぱか)る精神を学んでもらえるように必ず試合前後は礼をすることをルールとしています。

開会式

わんぱく相撲実行委員会 大迫委員長による開会のご挨拶

西宮青年会議所 北本理事長による開会のご挨拶

西宮青年会議所 青少年委員会 峯松委員長による大会概要説明

大会の様子

今大会は前回大会よりも多い80名の子供達に参加いただき、各学年で熱戦が繰り広げられました。

西宮てらこやのメンバーの皆様

今年も大人気のちゃんこ鍋

閉会式

4年生〜6年生の優勝者は6月18日に開催されます、第33回わんぱく相撲兵庫ブロック大会 明石場所にご参加いただきます。