[4/29~5/1]国際姉妹JC関連事業「海を越え花開く世界との友情~Cooperation gen erates firmer friendship~」 が開催されました。

西宮青年会議所では、香港ドラゴン青年会議所と国際姉妹締結をしており、毎年合同で事業を開催しております。

西宮と香港で交互に事業を開催しており、今年は香港の地にて合同事業「海を越え花開く世界との友情~Cooperation gen erates firmer friendship~」を開催いたしました。

4月29日から5月1日にかけて17名のメンバーで香港を訪問し、2日間の事業を通じて香港ドラゴンJCのメンバーとの国際交流を行い、両団体の交友を深めるとともに、メンバーの国際感覚を醸成する機会となりました。

1日目には、ゲーム形式の交流会を開催いたしました。
交流会第1部では、西宮青年会議所からは日本の伝統的な遊びである「花札」を、香港ドラゴン青年会議所からは香港の伝統的な遊びである「mikado」を紹介し、お互いに体験し、交流しました。最初は日本語と英語の言葉の壁もあり苦戦していましたが、ゲームを遊んでいるうちにだんだん活発なコミュニケーションが取れるようになっていき、盛り上がっていきました。
交流会第2部では、西宮と香港にまつわるクイズ大会を実施しました。西宮にまつわる問題は英語で、香港にまつわる問題は日本語で出題し、西宮青年会議所のメンバーと、香港ドラゴン青年会議所のメンバーで相談しながら回答していくことにより、コミュニケーションを促進することができました。

花札をする様子

mikadoをする様子

クイズ大会の様子

2日目には、香港各地を巡るフォトラリーを開催いたしました。

4~5人ずつのグループを作り、観光名所や香港市民に人気のローカルスポットなど香港各地に設定されたチェックポイントを巡りました。どこに行きたいか、どのような順番で回ればより多くのチェックポイントに行くことができるかなど、グループ内で相談しながら香港各地を巡ることにより、香港ドラゴン青年会議所のメンバーとの密度の高い国際交流を行うことができました。

各グループがチェックポイントで撮影した記念写真は、デジタルフォトフレームへと集約し、合同事業開催の記念品として両団体に贈呈されました。

また、本事業では西宮市視覚障害者福祉協会との交流の一環として、目の不自由な方へ音声で香港の情景を伝えるオーディオブックを作成し、後日お渡しする予定です。

フォトラリーの様子

記念品贈呈の様子