[2/22]2月度例会が開催されました。

一般社団法人西宮青年会議所は2017年2月22日(水)、メンバーが今後のJC活動及び仕事あるいは家庭での人間関係においても、状況に応じて適切なコミュニケーション方法を選べるようになることで、より効果的に自分の想いを伝えることができるようになることを目的として2月度例会「新たなる親和の構築~想いを伝えられる人へ~」が開催されました。

2月度例会

まず、北本理事長から所信に基づいた2月例会のテーマである親和の構築に関し、各メンバーが想いを互いに伝える事の大切さを語られました。
 

 続いて新会員入会式が行われ、今月は3名の新たな仲間が加わりました。

井筒 健史 君

中内 真人 君

明柴 聰史 君

今月の慶時報告、青少年委員会委員の南迫吉洋君の第一子 長女 里奈ちゃんが誕生されました。おめでとうございます!

講師に一般社団法人神戸暮らしの学校代表理事である村山順子氏をお迎えし、昨今あまり使われなくなった『手紙』というコミュニケーションの方法を学びました。
 2月度例会担当委員会の研修委員会の各メンバーの発表もあり、例会最後には各メンバーが他のメンバー宛に手紙を書くというワークが行われ、それぞれが普段共に活動するメンバーに向けて思いをはせた手紙を送るために、鉛筆を走らせていました。
 メールやラインの様な便利なツールにばかり頼り過ぎ、人間関係の希薄化が叫ばれる中、村山氏の心温まるエピソードとご講演によって今後の人間関係の構築において大きな気づきを与えていただきました。

一般社団法人 神戸暮らしの学校 代表理事  村山 順子 氏
   

山本 悠 運営幹事
   
   

松山 将太 委員

大前 春代 委員

伊豆丸 洋平 委員

源太 幸弘 副委員長

手紙を書くワークの様子

森井智之 研修委員長から締めの挨拶
   
   

森本邦裕 副理事長から村山氏への謝辞

北本宝理事長から村山順子氏へ記念品贈呈

吉岡大地 監事から2月例会の監事講評